調味料を選ぶ基準。

 

昨年末から、調味料について勉強をしています。

 

講師は、調味料エバンジェリスト(伝道師)として、全国で活動されている下倉樹さん。

seasoning

 

 

 

 

 

 

 

彼女との出会いは、イベントで一緒になり、重ね煮を教えてもらったのが最初でした。

 

「食の大切さに気付いたら、まずは調味料をホンモノに」をコンセプトに、

「さ」砂糖、「し」塩、「す」酢、「せ」醤油、「そ」味噌 そして「油」

について、製法、使い方、選び方、あらゆることを分かりやすく教えてくれます。

 

身体にいいものを摂ろう、と思って、食卓に上がるものをいきなり全て無農薬野菜に変えたり、

健康食品店で揃えたり、、となると、家計にもかなりの負担になります。

まずは、少しでも毎日使う調味料をホンモノに替えると、それだけで素材を美味しくしてくれたり、

無駄に余らせたりすることもありません。

 

中でも私がいちばん気になっていたのは「油」と「砂糖」。

 

前回のブログで書いたおっぱいマッサージの先生に、

「油は、アトピーの痒みを引き起こすものだから一切食べてはいけない」

と指導されていたので、本当に悪者なのかどうか。


そして砂糖。普段お菓子に使う砂糖はきび砂糖か甜菜糖を使っていますが、実際のところどうやって作られ、店頭に並べられるのか?

本当に甜菜糖って身体にいいの?という疑問。

 

「美味しいものは脂肪と糖でできている」

 

サントリーのCMでも流れていましたが、本当にその通りなんです。


丼、ラーメン、パスタ、うどん、カレーライス。。。

みんなが大好きなものは脂肪と糖でできている(笑)

もちろん我が家の食卓にもあがるメニューなので、その2つについてはちゃんと知っておきたい。

 

そして、受講した今、私が選ぶ基準はガラッと変わりました。

 

添加物が入っていないからいいかも。

値段が高いからいいかも。

信頼してるこの店に並んでるから大丈夫。

 

それは間違いでした。

 

身体に負担がかかりにくいからと、お菓子に使っていた甜菜糖。

なんでもかんでも甜菜糖で作るのはやめました。

 

このことは、これから先出会うお客様にちゃんと伝えたいし、ブログでも書いていきたいと思います。

 

ちょっとでも興味がある方は、下倉さんの講座を受けてみてください。

ブログに日程など更新されていますし、最近は通信講座も始められたそうです。

 

あなたはどんな基準で調味料を選んでいますか?

値段?メーカー?味?

私は、真面目に丁寧にホンモノを作っている、後世に残したいものを選びます。

 

Follow me!