糸島・高橋農園へ。

 

今日は糸島へ食材の仕入れに行きました。

まずは先日、Fructusのグラノーラレッスンで紹介してもらった高橋農園へ。

焼き菓子に使うドライフルーツを買うためにお邪魔したのですが、裏山の畑を案内していただきました。

takahasi-farm

「高貴ぶどう園」として、約40年間ぶどうを栽培している農家さん。

その数、約40〜50種。

このぶどうを作るにあたり、高橋さんが大事にしているのは、

「人があまり手をかけずに、自然の力で育つ」栽培方法を行うこと。

それを野菜作りにも活かしています。

 

12714270_841979512594745_1344323283_n

まず畑を見てびっくり。

ひとつの畝にたくさんの種類の苗を、自然の状態で共生させていること。

こうすることで、土の中にいろんな菌が増えて、野菜が強く育つのだそう。

30種類以上はあるそうです。

 

「たくさんの菌で腸内環境を良くするのと同じ、

土もたくさんの菌を取り込むことで健康な状態になる。

それが本当の地産地消でしょう。」

 

この言葉がすっと腑に落ちる、高橋さんのお話。

 

「ちぎって食べてみて」と言われ、そのまま頂くと、

パリッとして、葉が肉厚で、濃い。

野菜本来の味。

甘い野菜は甘くて、辛い野菜は本当に辛い。

 

12746483_841979592594737_1740867950_n

「これも食べてみて」と、さっとちぎってくれた花。

なんだか胡麻の風味と甘く華やかな香り。

ルッコラの花でした。

 

普通、花が咲いてしまった野菜は「薹が立つ」と言って、

花茎が伸びて食べごろを過ぎてしまう状態を言いますが、高橋さんいわく、

 

「植物は花が咲く頃がいちばん美味しくてエネルギーを持っている、産卵前の鮭と一緒よ」

と笑いながら教えてくれました。

 

全国の有名シェフからも高い評価を得ている理由に納得。

 

10708149_841979749261388_2006094511_n

そんな高橋さんの作る、ドライフルーツ。

季節ごとのとれたての果物を、専用の機械でじっくり乾燥させ、甘さをぎゅっと濃縮したもの。

ドライなのにフレッシュ感があって、一口食べて惚れ込んだいちじく。

今日はオススメのネーブルも購入しました。

 

来週から販売する蕎麦の実グラノーラにも使う予定です。

どんなお味に仕上がるか、お楽しみに。

 

Follow me!