先日、私のジャムの師匠(勝手に)の田中博子先生のレッスンに参加してきました。

 

田中先生は藤野真紀子さんのアシスタントを務めたのち、

フランス・アルザスでジャムの妖精と言われるクリスティーヌ・フェルベールさんの元でジャム作りを学ばれて、

帰国後はお菓子の本も出版されている、私の憧れの先生です。

 

今回のレッスンは、

「甘夏とアプリコット、カルダモン風味のジャム」

「リンツァートルテ」

柑橘のレッスンは何度か受けていますが、特有のほろ苦さを

取りながら取り過ぎない、

この加減がとても繊細。

 

さっそく、福岡・能古島の甘夏を使ってコンフィチュールにしました。

能古島の甘夏は木になったまま完熟させる「樹成り」で、

収穫するまでじっくり育てるので、甘くてみずみずしくのです。

ほんのり苦くてさわやか、初夏が似合うコンフィチュール。

プレーンと、アプリコット入りの2種をただいま店頭に並べています。